男性は持ち物をなるべく持たない主義の人が多いな・・・。

と感じるのは私だけでしょうか?

 

以前、お付き合いした方や友達に多かったのが

カバンを持ち歩かない人が私の周りの男性には

多く見られました。

 

その理由を聞いたことがあります。

 

基本的には、「手ぶらの方が楽だから」

という意見がほとんどでした。

 

中には、

「服とカバンをどんな風に合わせていいかわからない」人や、

「仕事用のカバンしか持っていない」という意見もありました。

 

他には、普段買い物などには

カバンを持ち歩くけど、

 

飲み会などには、カバンを持って行かない。

 

という方も多くいました。

 

その理由を聞いてみると

飲みすぎると、カバンを忘れてしまうから・・・

の意見でした。

 

確かに、男性はプライベートでもそうですが、仕事上のお付き合いなど

お酒を飲む機会も多いですし、

飲み過ぎてしまうことも多々あると思います。

 

うちの主人も「カバンがない!!」と何度、大騒ぎしたことか・・((+_+))

 

そのためうちの主人は、

お財布と携帯と鍵

をポケットに詰め込み出かけることが多いです。

 

カバンを持って出かける男性も女性とは違い

男性は小さめのカバンが多く

必要最低限なものしか、入れてない方が多いようです。

 

男性は、メイク道具などもいらないので

カバンが小さく済むのがうらやましいですね(^^♪

 

 

「薄い財布」VS「小さい財布」

 

うちの主人の財布は普段用と

出かけるとき用の小さい財布があります。

 

男性は長財布を愛用している方も多く

ジーパンの後ろのポケットから

長財布がチラっと見えている風景をよく見ます。

 

通常だったらよいと思うのですが

満員電車やお酒を飲んでいるときなどは

ちょっと危険だと思うのは私だけでしょうか?

 

「ポケットから財布が落ちそうだな・・・」と他人ごとながら

夜の電車の中では思います。

 

バレンタインやお誕生日お祝いごとなど

男性にプレゼントを悩んでいる方は

 

いつも使いとは別の財布

 

セカンド財布をプレゼントされてみてはいかがでしょうか?

 

今日は、私のおすすめのグッドデザイン賞を受賞した

「薄い財布」と「小さい財布」をピックアップしてみました。

 

SUPER CLASSIC >>>詳細はこちら

 

13mmの薄い財布

 

世界一薄いメンズ用二つ折り革財布を目指した「薄い財布 abrAsus 」。

 

なんといってもこの薄さ!!厚さ13㎜には驚きです。

 

重なる革の枚数も、今使っている財布と比較したらよくわかると思いますが

重なる革の枚数が通常の財布よりはるかに少ないんです。

 

 

 

 

こちらの財布はコインの入れる場所の構造に着目しています。

通常コインやカードなどが重なりかさばります。

コインは最大15枚入ります。

500円玉1枚

100円玉4枚

50円玉1枚

10円玉4枚

5円玉1枚

1円玉4枚の合計15枚、

 

つまり999円ぴったり入るサイズです。

 

考えられた設計にビックリです。

 

 

薄いのはもちろんのこと

使いやすさにもこだわって作られています。

 

①お財布を開くと、札と小銭が一度に見えます。

 

小銭部分も収納が浅いので

中が見えやすいので、探す手間も省くことができます。

 

②実は、鍵を収納できるスペースがあります。

 

ポッケになっていて、1つに収めておきたいときや

大切なちょっとしたものなどを隠して収納できるんです。

 

③カードが取り出しにくそう・・・。

と、思いきや、カード部分にも取り出しやすいように工夫されています。

 

④いざというときの名刺を入れるスペースです。

 

⑤コインを入れる小銭部分は浅い設計のため

取り出しやすく、小銭がどれだけ入っているかわかるので

必要なコインをすぐに取り出すことが出来ます。

 

支払いの際に、キチンと小銭を出せば

これ以上は小銭が増える必要のないという

最低限の15枚収納の設計です。

 

 

色も豊富にあります。

 

男性の贈り物としてもよいのですが

もちろん自分用にもほしい方は

女性が好む色合いもありますよ(^^♪

 

手のひらサイズの小さい財布

薄い財布に対抗するのは小さい財布。

こちらも「グッドデザイン賞」をいただいている財布です。

 

こちらは、とにかく小さい財布が欲しいという声に答えた財布です。

 

 

約6cm×9cmという、ほぼカードのサイズと同じなのに

小銭も入るのだから驚きです

 

従来の財布と比べて無駄な隙間をなくしました。

 

革を縫う部分に着目して、従来とは違う視点で

小さい財布を実現しています。

 

もちろん、小さいだけで、使いにくくては意味がありません。

お札の部分もこんな風に、取り出しやすくなっています。

 

SUPER CLASSIC >>>詳細はこちら

 

まとめ

「薄い財布」VS「小さい財布」

どちらがあなたはお好みですか?

 

男性に限らず、女性も旅行のときや

ちょっとしたおでかけのとき・・・

 

荷物を最小限で出かけたいときってありますよね?

 

そんなときに

 

「こんな財布あったらいいな・・・」

 

の財布がついに形になったんだと

見つけたときに私は感動してしまいました。

 

詳しくは公式のホームページで見ると

あなたのお気に入りが見つかると思いますよ。

 

詳細はこちら >>>SUPER CLASSIC スーパークラシック