口臭の原因を探る

 

家族、恋人、職場など人との会話が盛り上がるときに

「他人の口臭や自分の口臭が気になることがある」

と、思う経験がある人は実は多いようです。

 

最近では【スメル(臭い)ハラスメント】といわれ

社会現象にまでなってきていると言われています。

 

しかし、臭いは気になっていても

どういう原因なのか、どういうケアをしてよいのか

わからず、悩んでいる人も多いのも事実です”(-“”-)”

 

薬用オーラクリスターゼロでエチケットを。誰もが憧れるワンランク上の自分に。

 

口の中の状態

では実際にお口の原因になりそうなものは

どういうものでしょうか?

ちょっとチェックしてみてくださいね。

 

・口の中が乾燥している

・たばこを吸う

・お酒が大好きだ

・舌が白く磨いたことがない

・ストレスをよく感じる

・歯茎がはれたりしている

・冷たいものが歯にしみる

・虫歯がある

・アレルギーがあり、口呼吸をよくする

・コーヒーが大好きだ

・歯磨きを頻繁にする

どうですか?

当てはまるものはありましたか?

もしも2つ以上当てはまるものがあれば、注意しましょう。

3つ以上当てはまるものがあれば要注意したほうがよさそうです。

 

臭いの種類

では、臭いの種類はどんなものがあるのでしょうか?

 

大きく分けて口内から発生する不快な臭いは

硫化水素

揮発性硫黄ガスの一種「硫化水素」は

卵の腐ったような臭いが特徴。

基準値を超えると腐った卵のような臭いが発生する。

 

メチルカプタン

揮発性硫黄ガスの一種「メチルカプタン」は血生ぐさい臭いのが特徴

メチルカプタンの値が基準値の「26」を超えると

血生ぐさい臭いの口臭が発生する。

 

ジメチルサルファイド

揮発性硫黄ガスの一種「ジメチルサルファイド」は

生ごみのような臭いが特徴。

ジメチルサルファイドの値が基準値の8を超えると

生ごみのような口臭が発生する。

(3つの臭いの原因が気になる方はこちらから↓↓)

3大口臭ケアを同時に!薬用オーラクリスターゼロ

 

口臭ケア

まずは食事はよく噛むこと。

よく一般的に一口30回といわれますが

よく噛むことにより唾液が多くでます。

起床直後と、就寝前の歯磨き。

睡眠中は唾液が分泌されず、

起床直後は口腔内の細菌が作り出す毒は最大濃度になり、

プラークもいっぱいできます。

寝ることで細菌は増えるため、寝る前に、口腔内の細菌を最小量にする努力をしましょう。

飲食後は、食べ残しが舌に残って付着する可能性があるので

要注意。本来なら唾液により中和されますが

過度な歯磨きやうがいを繰り返すと

かえって口臭が起こりやすい原因にもなりかねます。

水を口に含み舌の上の飲食の食べ残しをキレイに取り除き、中和することが重要。

食後にガムを噛む方のも効果的のようです。

舌のケアも重要です。

歯ブラシを使ってケアする方もいますが

舌を傷つけてしまう可能性があるため

専用のブラシを使いましょう。

適度な水分をとる。

適度な水分補給により、乾燥を防ぎ

唾液の分泌を促してくれます。

ストレスをためない。

なかなか難しいこととは思いますが

一日の中で、ぼーっとする時間や

リラックスできる時間を作りましょう。

口呼吸から鼻呼吸にできるように意識しましょう。

口呼吸は口臭もそうですが、

気管に負担をかけてしまう恐れがあるので

なるべく鼻にかえる意識をもつと随分違いますよ。

 

あとは口臭ケア

3大口臭ケアを同時に!薬用オーラクリスターゼロ

とても評判がよいので活用されてみてもよいと思います。

ちょうどキャンペーンもやっているようなので
気になる方はこちらから↓↓

 

薬用オーラクリスターゼロでエチケットを。誰もが憧れるワンランク上の自分に。